ここでは、もっともベーシックな割付フォームをムジンワリで作成する方法の手順を説明しています。
使い方(管理者)」の手順のうち、「2.研究情報を登録する」の「(4)割付で必要なフォームを設定する」の手順例のひとつです。

ご不明な点がありましたら「お問合せ」からおたずねください。
文中の画像は、クリックすると大きく表示します。
拡大画像は、右下の×マーク、または画像以外の部分をクリックすると元に戻すことができます。

ベーシックな割付フォームとは

ここではムジンワリで最も簡単に設定できる例として、以下のような研究があったと仮定します。

最小化法を用いて、薬剤A、薬剤Bの2種類の薬剤の使用群の割付を
性別が2群間で同じになるように割付したい

以下では、上記のような研究用の割付フォームを作る手順を示します。

割付フォームの手順

基本情報を開く

(1)該当研究の「基本情報」をひらきます

該当研究の左メニューから、「基本情報」をクリックします。

基本情報を設定

(2)該当研究の「基本情報」を設定します

(ア)薬剤AをA群、薬剤BをB群として割付するために、「割付要素」の「A」「B」をチェックオンします

(イ)「割付方式」で「最小化」を選択します

(ウ)本研究では、割付のばらつきを病院ごとに同数にするような必要がないため、「最小化方式」は「全病院で要素のばらつきを最小化する」を選択します

(エ)「最小化割付確立」は「優先順位で重みづけしてランダムに割付」を選択します。これにより、たとえばAの割付のあとはBが優先されますが確定ではありません。

すべての設定がおわりましたら、画面下の「保存」ボタンをおして保存します。

割付因子を開く

(3)該当研究の「割付因子」をひらきます

該当研究の左メニューから、「割付因子」をクリックします。

割付因子性別を追加する

(4)割付因子「性別」を追加する

本研究では、性別ごとに、2薬剤がほぼ均等になるよう割付したいので、「性別」が割付因子となります。

画面左側の「割付因子」メニューから「性別」と表示されている部分の「+」ボタンを押し、追加します。

  

割付因子性別を追加した

(5)割付因子「性別」を追加した

画面右側のプレビューに「性別」が追加されます。

このあと、画面下の「保存」ボタンをおして割付因子の設定を保存します。

このあと、「シミュレーション」すると、性別ごとにA,Bがほぼ均等になるよう割り付けられることが確認できます。

割付因子の設定が正しそうなことの確認ができましたら、本研究を公開してください。
公開の方法は「使い方(管理者)」の「3.研究情報を参加者に公開する」を参照してください。

Comments are closed.